上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル:シャイニング・ウィンド
ジャンル:心にふれるRPG(ARPG)
対応機種:PS2
発売日:07年5月17日
価格:7329円(税込み)
「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ
-------------------------------------------------------------------------------------------
ストーリー・・・

「想い」が結晶化する世界「エンディアス」
その中のリーベリア地方が今回の物語の舞台
リーベリア地方は「人間の国」と「エルフの国」そして「獣人の国」の三つの国家が
安定した治世を送っていた
しかしカオスゲートと呼ばれる次元のひずみが各地で口を開き
混沌のエネルギーが流れ込み台地が汚染され始めた
闇の魔物が出現し、混迷を極める中、謎の帝国の影が動き始めていた

時を同じくしてカオスゲートを閉じることのできる「心剣」を操る能力を持つソウルブレイカーと
呼ばれる異界の戦士がこの世界に降臨した。彼らは救世主なのか?それとも・・・。
リーベリア全土を覆う、「心剣」をめぐる動乱の時代が幕を開ける
-------------------------------------------------------------------------------------------

グラフィック:★★☆☆☆(2点)
なんていうかもうね、クロスゲート(某ネトゲ)としか言いようがない。
今の時代だからやっぱり見劣りしちゃうしもうちょっと技術を磨いてもらいたいなって言うのが正直な所。
技の演出も派手ではなくかなり地味な部類、ここだけでも頑張ったらまた違ったんじゃないかな?
MAPも使い回しがほとんどだしかなり残念。
しかし、アニメーションは結構力入ってるねここだけは誉めていいかな。

システム:★★★☆☆(3点)
ロードは結構早い部類、戦闘MAPに入る前に2~3秒って所。
それ以外は短いロードが入るくらいかなストレスは全体的に感じない。
セーブは街ならどこでも可能、なのにロードは何故か出来ない仕様・・・何故?
キャラ育成はLvが上がるとスキルポイントが3ポイント貰えそれを「筋力」「知力」「器用さ」「体力」に
自分で振っていく仕様になってる、一度決定しちゃうと振りなおしは出来ないので慎重に選ぶ必要もある。
あとソウルマトリスクと言うシステムもあるけどこれはあまり必要性を感じなかった・・・。
心の扉はいわゆるアルトネリコの劣化版、短すぎる。
でも、ゲームするだけなら全部無難にまとまってる感じ悪くない。

音楽:★★☆☆☆(2点)
普通↓って感じ。
なんというか全体的に盛り上がる曲がないんだよね・・・。
戦闘曲、ボス戦とかほぼみな同じだし変化がないのはやっててたるくなってくる。
ラスボスも全然盛り上がりのない曲だったしね初回特典にサントラ付いてきたけどハッキリ言っていらない。
まぁ、耳障りな曲が無いだけいいかな?って程度。

ゲームバランス:★★☆☆☆(2点)
バランスは全くと言っていいほど取れてない。
大半がリンク技発動で切り抜けれる、通常攻撃なんて弱すぎて使えない始末。
そして後半敵の攻撃力ありすぎ特に魔法強いから食らったら即死とかしょっちゅうだった・・・
ボスも一部のボスが強すぎ特に「EVE」「ミストルティン」「エルファーレン」がむちゃくちゃ強かった。
エルファーレンなんて20回くらいやり直したしね、凹みそうになったよ。
まぁラスボスなんだから強いの当たり前だろ?と言われたらそれまでなんだがでもやりすぎだと思う、特にレーザー
攻撃は走ってかわせるかと思いきやかわせないし、ガードじゃないとダメってどうよ?
しかもガード中は動けないから回りのオプションが出してくる魔法ガンガン食らうし毒になるしで最悪だった。
でもこのレーザーなかったら物凄くザコなんだけどね(笑)

シナリオ:★★★☆☆(3点)
あまり誉められたシナリオではないけどある意味面白いシナリオだった。
話の展開がいつも唐突過ぎるんだよね、あとシリアスなのに結構間抜けだったり・・・。
ツッコミ所が満載なシナリオなんだけど自分が一番これは・・・!と思った所をピックアップ。

1、アイゼンザルク
このアイゼンザルク実は物凄く大きい稼働型要塞みたいな物なんだけどこれを壊すミッションで主人公が「エンジンとかないの?」
と言ったら仲間が「動力炉を破壊すれば止まるはずだ」と言う。
まぁ、普通に考えれば動力炉は内部にあるはずだよねでもこのアイゼンザルク素晴しい、動力炉狙ってくれと言わんばかりに
むき出し状態、これはねーよって状態だった(笑)
2、魔砲剣ガラティン
これはハッキリ言って「これ、なんてシューティング?」といいたかった。
それにこのボスを撃破した後のムービーは必見、トライハルトとキリヤもはや人間じゃないです・・・てかソウマがかわいそう(笑)
3、ラスボス撃破後(ネタバレ)
3人が究極心剣抜くシーンがあるんだけどここに来てソウマが「悪い俺はそんな凄い剣見つけること出来なかった・・・」と言うんだけど
するとキリヤが「ソウマはもう見つけてるよ」と唐突に言う。
ソウマが「なに!どこに!?」とまったくわからないですと言わんばかりに言うんだけどキリヤが「ほらここだよ」と・・・
キリヤが輝くソウマが「なにー!俺の聖杯はキリヤが持ってたのか!」と・・・これはソウマのパートナーがこじつけられなかったから
無理やりキリヤにしたんじゃないのか?と思うんだけど・・・。

まぁなんだかんだで他にも色々ツッコミ所は沢山あるんだけど全体的に話が唐突過ぎる。
もうちょっと細部まで練ってほしかったなぁと言うのが感想かな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://abizuboa.blog92.fc2.com/tb.php/72-7eeb7a21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。